よくやった。わたし。

DSC_0552.jpg
糸買ってきました。でも昨日と同じモチーフを編んでみました。

試験を受けにいきました。
そして午後からは寝ていました。
まだ眠い…。ゆっくり休もう。
スポンサーサイト

新しい方法で。新しい在り方で。

DSC_0550.jpg
糸をまだ買っていないので、昨日のモチーフを編むには少ないけれど今ある余りの糸で作ってみました。

グループワークでした。
頭ではわからない、感じるということ。
新しい在り方、新しい方法を掴みかけている。

なんと。

DSC_0548.jpg
13個め完成。あとひとつモチーフを繋げて全体の完成とします。糸がなくなったので買いに行こう。

お門違いも甚だしや。

私の人生そのものを委ねるほどの依存をしていました。なぜこの人に…というような人に。
いや、家族であろうがパートナーであろうが誰に対してもそうであることはやめた方がいいのはそうなんだけど、そうはいってもなぜその人に?という人に対してそんなことしてた。
そのエネルギーに気づいていて、まだのまれてる感覚もあったけれど、でも ごめんなさいっていう気持ちになった。
お門違いも甚だしい。というか、お門違いという問題でもないんだろう。
お門違いというのなら、対象が違うというのではなく、そうしているのがまずもってお門違いということだろう。

ひとりで立つこと。
まずは気づいているところから。

反映として

IMG_20170720_201338.jpg
あむ

壊れてゆく関係の人たち個人について考えてみたら、全くその人個人に対して魅力を感じていないことに気づきました。これにはびっくりしました。
とは言え、自分の反映としてみて、その瞬間に自分のその傲慢さに気づいて内心 ひょー!ってなったりしています。

こつこついこう。

セッションでした。

DSC_0546.jpg
あむ

私は攻撃されてると思ってたけど、その相手にとても失礼なことをしていたんだな。
これは私の依存からくるから、これらをみつめて成長していきたい。

その相手たちに対して助けてくれない!と叫ぶ自分を感じています。
助けるってどういうことなのか。
私はどのように助けてほしいのだろう。
何をどう助けてほしいのだろう。
そこまで考えて ふと 私は私に対して何をどのように助けてほしいのだろうかなんて考えたことがなかったことに気づいた。

全てよきことのために起こっていると信じる。

DSC_0545.jpg
あむ

解体して壊れてゆく関係があります。
色々な側面があり、今はできる限り自分を見ていっています。
ただ、後戻りするつもりはなく、このまま切り開いていきたい。
今の気付きが波動を変え、世界が変わることを信じます。

こんなにも自分を否定して責めていた。

DSC_0544.jpg
あむあむ

こんなにもことごとく自分を否定して責めていたと はたと気づきました。
これが自己否定だと気づいて。そしたら怒濤のように見つけました。

そりゃ外に見るだろうやさ。
ふぅ。

あーっ!

DSC_0543.jpg
繋げた

あー!ってなった。あー!って。
連絡の約束時間をこえて遅くなってしまったときに、何度もあるこれはなんだろうと思ってみていったら、あー!ってなった。

私は待ってたんだ。何かが起こることを。誰かが助けてくれることを。やってくれることを。
できない自分とか、かわいそうな自分とか、あきらめてしまっている自分で在りながら、待ってた。
私から始めよう。私から行動しよう。
自立できてないってこういうことだったのか。自立ってこういうことなのか。(もしれないからやってみよう)

人まかせ。

DSC_0542.jpg
あむ

今日も色々みていったら、人まかせっていう言葉が出てきた。
外にあると思ってるってことだな。
中にあるのかぁ。

探求。知るということ。もっともっと。

DSC_0541.jpg
あむ。13こめスタート

昔の母と私の関係を再現している人がいると気づきました。
色々書き出しています。

自立というのを、誰にも頼らずひとりで何でもやって生きて行くことだと思っていたというところに行き着いています。そしてそうしなければいけないと思っている。
自立って全部自分ひとりでできることではないのだな。きっと。
自立ってできないところを頼ったり委ねたりしないことではないんだな。でもそう思っていたんだな。