FC2ブログ

ち。

IMG_20190918_233440.jpg
あむ


やはり一昨日の衝撃に対する こころのさざ波が
きっと認識してるものより深いとわかっていて
今日の朝 布団の中で うつろうつろしつつみていた。

理不尽不条理 報われない自分。
それを強く強く感じて 感じたまま泣いた。


2時過ぎくらいからやっと動く気になって動いたら
トイレが詰まって すっぽんで流れるようにした。

実家に行って
母とスタバに行って転職を考えていることを伝えた。
親の立場での葛藤を感じながら そうだよなぁと思った。
私のことが大切なんだ。

実家に戻って父も含めて3人で夕食。
父も私のことが大好きなんだ。
母が「まきが来るとよくしゃべる」と言ってた。

しあわせだなぁ。と呟いた。



スタバで 次に考えている仕事のことを母に伝えると
おばあちゃんと同じ仕事 と言った。
母も服やカバンを作っている。
母方の祖父のもっと上のおじいちゃんおばあちゃんは
駆け落ちして結婚したという話もした。その時代に駆け落ちとかどれ程の情熱だろう。
前から聞いてたことだけど
自分の中の(恋の)情熱とか やりたいことの手段としてのコスプレとか
そういうものを思いながら ルーツということにしみじみと思いをはせていた。
スポンサーサイト



ねばる。
最後までギリギリまで。

IMG_20190917_220223.jpg
東京のコスプレのことを考えながら


はいはいはいはい
わかってましたよーもー ぶー
古い女性性のやり方でしたよね
わかってましたよーしってましたよー気づいてましたよー
ギリギリまで粘ったですよーもーーー😩
(こういうのはコスプレに必ずリンクしている。それがコスプレの進行や助言にも必ず役立つ)

まぁ こういう形で手放すことになるのは
害が少なくていいのかもしれない。
昨日の仕事辞めたくない気持ちと
今日の仕事辞めたいという気持ちは
どちらもその古い女性性が気を引こうとしている
脅しだったり抵抗だったりしているから
ここでは動かない。

しかし そろそろではある。
サクッと次に行ってしまった方がいいのかなと思いながら
回収することは全て回収し、やりきりたいと思ってもいる。


感情が反応しなくなってる。
前の彼をみても 昔ひどく反応した上司をみても
ネックだった人をみても
余計な気をよせることがなくなった。
手放したのかな。

一見 無慈悲のような冷たい感覚があるのではないかなんて考えるけれど
(そんな風に思ってる波動が相手から出ているから)
多分私は人間らしい反応はしなくなっていってるのかもしれない。
実際 裏でそんな声をチラホラ聞く。
それさえも気にしない。私が何をしてどう在るかわかっているから。

誰かの否定的な反応も相手にしない。
それで何かが起こっても 相手の学びであり
私が学ぶところは見えており 話をしたり調整する。
そして多分 こういうことをしていると
全然わかってなかったーという穴に落ちたりする。

さぁ こい。

あと少しだ。

抵抗の声。
強行突破はしない。

IMG_20190916_223024.jpg
先月のコスプレのことが一段落したら、東京からコスプレについて相談があった。流れの中にいるなぁ✨



大切な人に手出しができなくなって
私は私の場所で祈るしかないとき
この場所である必要はない。
もっと 私が響く場所で祈ればいい。

祖父や父 前の彼やロックオンの彼。
愛を強く感じる。

ここにいたのは 男性を愛していたからだ。
観念でねじくれてしまっていただけで
そういうことだ。
古いそれは 手放して大丈夫なものだ。



世界がいいたいこと 何を伝えようとしてるのか
わかる わかるよ!
私のエネルギーが何に反応してるかも
今の仕事に気がないのも
わかる わかってるんだよ!
それでも抵抗がでてるよ!

今の仕事 やめたくなーい!


と叫んでみる。

いろんな感情が渦巻いている。

確かに仕事は忙しかったけれど

IMG_20190915_190300.jpg
このモチーフは作ったことあるけど、新しく彼女糸の色で作ったらカッコいいのではと😊


眠いー
ねむいねむい
ひたすら眠い。

早めに休みます

傷ついてはいる。

IMG_20190914_231915.jpg
縫えたらゴムを通して…

IMG_20190914_231937.jpg
でででで…できたー!!!やったー!!!ここまでしたかったのだー!ふぅー



今日もまた みんなで協力してやる仕事があり、その中心的役割を少し前から担っていた。
昔の私からしたら完璧とは程遠い動きや準備だったけど
社内全体のみんなと協力して スムーズに進めることができた。
これが大事だ!
思う通りに進まなくっても 私の対応が理想通り完璧でなくても 相手を尊重して行動を決める。


私の中の ある一部は、周りがよくしてくれることに
モヤモヤして人と比較して自分は無価値だとしていたり
私に寄ってくるのは そうしないと私が不機嫌になると思っての対応でしょ とか
拗ねてひねくれて捻れてしまっていて、
それを よしよししながら過ごした。

夜、買い物がてら散歩しながら
周りがどうであれ 私をどう判断するのであれ
それは私とは関係ないのだと思った。
私の価値や私がどういう存在なのかは そういうもので揺らぐことはないのだと
ぼんやりと思った。
彼らに好かれていようと好かれていなかろうと
彼女の方がいいと示されようと 彼女に判断されようと
私は何も変わらない。私の中に感じる愛は何も揺らがない。
自分軸という言葉が浮かんだ。

でも、傷ついて怖れている私がいる。
上に書いたことは 傷ついた自分が強がって言っているのかもしれない。
ちゃんと受け止めよう。


その傷を受け止めよう。
周りの協力や優しさを受け取れていない自分に寄り添う。