FC2ブログ

再度おっぱいを作る機会に恵まれて、前回の経験を活かし作成しました。
そちらも ご紹介していきます✨


IMG_20200512_131622_991.jpg
前回のおっぱいは、ロケット型で前に突き出るおっぱいというイメージ。叶姉妹のお姉さんの方のイメージでした。(コスプレをする方の統合の方向性に合うものを作成するため)

今回のおっぱいは、テーマが母性。自分の内にあり、けれど認めていない部分をコスプレで表現し 理解し受け入れていくことに役立てます。
どちらかというと 受け入れるという在り方を含みます。大きくふくよかで包み込むおっぱい。
少し外に広がるようなマシュマロおっぱい。
叶姉妹の妹さんのイメージで進めました。


IMG_20200516_115035.jpg
前回の経験を活かし、先に形を作り込みます。
段ボールで土台作り。
少し外に向くおっぱいの形をイメージしつつ、形を書いていきます。


IMG_20200516_115056.jpg
切って形を整えて行きます。
曲線が綺麗に出るように、合わせみて再度切ってと微調整をしていきます✨


IMG_20200516_115117.jpg
両方できました✨


IMG_20200516_115136.jpg
土台となるダンボの形ができたので…
いざ 行かん!ピローの海へ!
その先のリアルなおっぱいを求めて✨

前回と同じように
ピロー、ストッキング、袋、ハサミ を準備します。

袋を入れこんで台にする箱(カンカンにしました😊)も。
さて!いきます!


IMG_20200516_115156.jpg
手に めちゃくちゃ付くので手袋を使ってみましたが、逆にやりにくいため
早い段階で手袋は外して素手でやりました。

段ボールで作ったおっぱいの土台を あらかじめストッキングの中に入れておいて、そしてそこへピローを入れ込みます。

コロコロはお忘れなく!

袋をカンカンの箱(水色と白のストラップ柄)に入れて安定させているのが、この写真からわかってもらえると嬉しいです😊
こんな感じで進めています。


IMG_20200516_115233.jpg
ピローを詰め込みました✨
最初はこんな感じになります。
足みたい(笑)
大根?😅

ここから こねこねしつつ形を整えます😊

写真上部の方が段ボールの土台が入っている部分なので、ピローをそちらの方へ動かしていきます。
ちゃんとストッキングが2重になるよう調整しつつ、ストッキングを爪でひっかけないよう気を付けながら進めます。

おっぱいの鎖骨辺りになる部分には あまりピローをもっていかず、ピローの量を段ボールの色が隠れるくらい薄くするといいです👍✨

形が整ったら、しばりとめて 余分なストッキングを切ります。
そしてグルーガンで結び目をキレイに整えていきます。(前回はボンドと書きましたが グルーガンの方がいいです)


IMG_20200516_115215.jpg
こんな形になりました✨
前回より、この段階で形がある程度整っています✨

もう片方も同じように作ります。


IMG_20200512_130304_949.jpg
とはいえ、やはり鎖骨部分が浮いてしまうため、服付きにしようと思い作成。

胸に合わせてみると、横や下にボリュームが足りなかったため、綿を入れてボリュームアップさせています。


IMG_20200512_130635_958.jpg
こんな感じになりました✨
100均の合革で、首の後ろと胸の後ろに紐を回しホックで止める形にしました。

鎖骨辺りは、やはり浮くけれど
髪が長ければ髪で隠せる範囲となりました。


IMG_20200512_130941_481.jpg
胸から背中にかけての紐。
間にゴムを着けました。
このおっぱいを使用する方の試着は前日の夜だったので、緩めにと。
そしてもしキツくても余裕ができるようにと。

このゴムがよかったのか、当日 動くとおっぱいが跳ねるような感じになりました👍✨


IMG_20200512_131342_456.jpg
着けて服を着たら こんな感じになりました。
鎖骨辺りにレースをつけて さらに目隠し。やはり課題です。

前回のおっぱいより 横にふんわりとした形になり、動きもあるものになりました。




2回目のおっぱいの作成過程の紹介は以上です。
いかがでしたでしょうか。
ご覧頂きありがとうございました。
スポンサーサイト



Instagramにて、2回目のおっぱいの作り方をアップしました。
後日、ブログでもまとめていこうと思います😌

Instagram:ピローおっぱいの作り方part2

立体マスクの作り方の動画を作成しました✨
よかったら 参考にしてみてください😊

YouTube:立体マスクの作り方

少し遅いかも知れませんが😅
マスクの作り方のご紹介です😊
(ブログでアップしていたものをまとめました)

YouTube動画を参考に、鼻から顎にかけてのカーブのみ微調整しました。
私のオススメの動画のご紹介 と 私の作り方を紹介します。
(私が個人的にいいなと思ったものを紹介させて頂いています。YouTube紹介の許可を頂いた訳ではありません。問題がありましたらご報告ください。すぐに対応させて頂きます。)

この方のマスクの作り方 とってもオススメです✨丁寧でキレイ✨そしてとても良心的です✨
YouTube:無料型紙付き 超立体マスクの作り方

YouTube:【簡単】マスクの型紙を作ろう!プリンターがなくても大丈夫!
IMG_20200501_212439.jpg
動画を参考に私が自分の顔に合うように微調整した寸法です。単位は㎝です。


型紙は動画を参考にさせて頂き、自分の顔に合わせて微調整しました。
そのままの寸法でも大丈夫な方もいると思うので、まずは動画の型紙で作ってみてもいいと思います。

私の作り方はここで紹介されている方法とは少し違います。
IMG_20200412_235223.jpg
まず、型紙を布に当てて写していきますが
耳に近くなる部分(型紙の右側)を輪にして型をとり重ねて切っていきます。
輪にした部分を広げると↑のような形になります。
2枚用意します。

IMG_20200414_220951.jpg
まず、輪の部分を開いたまま中表に2枚合わせて型紙の左部分、鼻から顎にかけてのカーブを縫います
左右両端に鼻から顎にかけてのカーブがあるので両方縫います

IMG_20200415_235750.jpg
鼻から顎にかけてのカーブの縫い代をアイロンを当ててどちらかに倒しておくとキレイですが私はそのまま進めました。😅
縫った部分のカーブを合わせると、耳に近くなる部分は型紙をとった時のように輪になります。その輪の部分がそのまま紐を通す部分になります。紐を通すため、端からは縫わずに紐を通すところを残して縫います。
ひっくり返すため、縫い終わりは広くとっておきます。

IMG_20200416_232448.jpg
鼻から顎にかけてのカーブと、目の下辺りからから鼻を通って反対の目の下辺りにかけてのラインに切り込みを入れていきます。
そうすると ひっくり返したときに布が突っ張らずキレイです。

IMG_20200416_232431.jpg
ひっくり返すとこんな感じ✨
ひっくり返すために開けておいた部分を縫います。
私は手縫いで縫いましたが、ミシンで際を縫ってもいいと思います✨

IMG_20200418_011809.jpg
紐を通して完成です😊✨


YouTubeを参考にしたり
母に教わったり 仲間から糸をもらったり
みんなの想いがつまったマスクです😊
ぜひ作ってみてください✨

ピローおっぱいの作り方を写真付きで紹介します。
内容はInstagramと同じです。(コピーしたものです)


*****
IMG_20200503_115403.jpg
Instagramを始めた理由は、リアルな胸の作成過程を紹介すること。
コスプレで準備した時、とっても苦労したので誰かの役に立てばと思ってアップすることにしました。
楽しかったけど、本当に苦労しました😊
これから紹介していこうと思います✨

これは何枚も描いた案のひとつ。これも採用しなかったけれど😅

IMG_20200503_120133.jpg
先にアップした作成案を元に作成した胸。
100均で購入したテロテロの布とゴムを使って作りました。
胸の谷間を作るために、その部分だけシリコンパットを付けて…なんて考えましたが、なかなか難しい。

これは おしりアップ用のパットとして使用しました😊

IMG_20191205_004825.jpg
仲間が ピローとストッキングでリアルな胸を作る方法があるよとURLを送ってくれて、それで作っていくことにしました。
形は違うコスプレイヤーさんの製作サイトからイメージをもらいました。

IMG_20200503_112315.jpg
ピローを2重にしたストッキングに入れていきます。ピロー枕を切って中の細かいピローだけを入れます✨
その課程を写真に撮れたらよかったのだけれど、飛び散って色んなところにくっつきまくるピローちゃんたちに翻弄され、そんな余裕ありませんでした😅

いつか製作動画を作りたいなと思っているので、その時に その様子をお見せできたらいいなと思います。

IMG_20200503_112333.jpg
ピローを入れる際の方法と注意事項です。

まず、準備するといいもの
・はさみ ・ビニール袋 ・箱・コロコロ

はさみはピローの布を切るために使います。
ビニール袋の中に、ストッキングとピローと手を突っ込んで作業をします。そうすることで、お部屋にピローが飛び散るのを最小限にとどめます。
箱は、その袋を入れて土台とします。ビニール袋だけだとがさがさしてふわふわしてピローが取りにくいです。箱に入れることで壁ができ、作業が安定します。
それでもピローは飛び散るので コロコロで取ります。

ピローは本当に冗談抜きで飛び散ります!ピロークッションをピローを入れたいストッキングに差し込んでおいて、差し込んだ部分のピローの布を少し切って中身を入れ換えるといいと思います。

大変だけど、できたときは本当に他の方法よりリアルなので やるかいありです✨
注意点としては、爪が長かったり割れてたりするとストッキングに引っかかって破れてしまうため、爪はキレイに切っておくとよいと思います😌
写真右側のおっぱいには 引っかき跡がいくつかあります😅
2つを合わせるときに、引っいた部分を見えない所にするといいので すごく神経質になる必要はありませんが、そこから破れてピローが出たら…と考えると 引っかきキズはない方がいいと思います😌

IMG_20200503_112348.jpg
仲間と会って新曲の歌詞を一緒に考えた時に見てもらい、服に入れてみたときの写真です😊
ナイスばでー!

だけど、ちょっと縦長。
おっぱいは山だけではなく、鎖骨辺りから脇にかけても おっぱいなのだと知ることになる私であった(笑)
調整に入ります。

IMG_20200503_112403.jpg
ストッキングの結び目です。
ピローを詰めたら、おっぱいの形に整えてストッキングの空き口を結びます。 .
結び目をキレイにするため、結び目から出てる残りのストッキングを切り、木工用ボンドで結び目の端の方へ入れ込みました。

仲間に見せたら、これ先じゃん!という話になり 見えないところもリアルを追及するということとなりました😊

IMG_20200503_112419.jpg
次は鎖骨部分の問題に取り組みます。
これは 未だ解決していません💦
どなたかよい解決方法があれば 教えてください😌

そのまま服の中に入れると、ただボールを入れただけ というのが まるわかり状態だったため微調整をしていきます。

まずは、鎖骨から胸にたいです向かうなだらかなライン。
ピローおっぱいの上の方を手で潰してなだらかにしようとしても、手を離すとが元に戻ってしまいます。
なので台紙に張り付けて なだらかな曲線を出すことにしました。

IMG_20200503_112437.jpg

IMG_20200503_112523.jpg

IMG_20200503_115558.jpg
グルーガンで張り付けていきます。
おっぱいの形、鎖骨からのなだらかな曲線、先の位置、下おっぱいの感じ など丁寧に調整しながら張り付けます。

そしたら紙とピローおっぱいのギリギリを切ります。そのままだと紙が見えてしまうので、破れないように丁寧にストッキングを紙の裏に少しだけ巻き込みグルーガンで止めます。
写真にあるように、土台の紙が柔らかくて反ってほしい方と反対に反ってしまいました💦


IMG_20200503_112450.jpg

IMG_20200503_115615.jpg
おっぱいが反対方向に反ってしまったため、もっと丈夫な紙を張り付けることにしました。(段ボール)
この段ボールを自分の胸に合うように反らせてゆく予定です


IMG_20200503_112553.jpg
前から見たらこんな感じです😊
以前アップした2つ並べただけの写真よりリアルさが増しました✨

IMG_20200503_112612.jpg
もちろんイメージは峰不二子💕なので、1番大きなカップ付きインナーを購入。
合わせてみると やはり横チチが足りません。

IMG_20200503_112630.jpg
先ほどのカップ付きインナーの中に、使わなくなったインナーの胸の部分だけ切り取って、アンダーと脇の部分だけ縫い付けていきます。
縫い付けて袋状になった部分に ピローおっぱいを入れ、横チチのための綿を入れます。

IMG_20200503_112647.jpg
こんな感じに詰めていきます✨
必要なら下チチと脇下にも詰めます。.
脇下の綿はあった方がいいなと思いました😊✨

IMG_20200503_112702.jpg
ピローおっぱいを装着して峰不二子風ドレスを着ると、こんな感じになりました😊

やはり鎖骨辺りは浮いてしまったため、ドレスの首元のティアドロップ型に空いている部分の上の方に小さくシースルーの布をリボンと共に着けました。
脇部分の綿ももう少し調整したら綺麗な形になると思います。(本番は綺麗でした✨)

鎖骨部分は今後の課題です。
長い髪のウィッグで隠すか、レースなどの布を使うかかなと。
でも、その部分が隠さず綺麗にみえるといいな~と思うのです😌

試しに着たときの写真なので、インナーが出てる部分はご容赦ください😅


第1回め おっぱい作成は以上です。
お付き合い頂きありがとうございました✨

次は 1回めの経験を活かして作った、2つめの おっぱい作成過程を紹介していきます。
少し雰囲気が違うので、こちらもお楽しみに😊💕