FC2ブログ

狂っても。

IMG_20200205_212837.jpg
前に進めていた部分の途中のところを進めます。丸い刺繍をいくつも入れていこうって思ってたなぁ😌涼しげにしたい。



出てきたものは 統合するチャンスだと
しっかり認識して見ていく。
これが どういうことなのか知りたいと望んだ。

見ていくと ふと
昨日みたいに分析しているその自分が
どこか攻撃的で 批判的であることに気づいた。
統合すべきは その部分だと ハッとした。

それを見ている自分と思ってた部分が
統合すべき対象であった。
だから いつもいつも それを見ようとすると
ぐるぐるぐるぐるループにはまるのか。
納得。

母が 何故かお見合いの話を再度ふってきた。
私が断ったとき、先方にきちんと断ってなかったらしい。
今は会えないみたいと伝えていたそう。私はしっかりとお断りしていた。
断ったつもりだけど あやふやなところがあったのかなぁと考える自分もいる。
その時言われた言葉にも なんでその言葉を自分は聞いたのかを考える。
きっと繋がっている。
出てくる言葉を書き出してゆく。

私は大切に扱われないと信じている自分。
ちゃんと 伝えているのに、それが尊重されていない。
多分それは 退職の話の中で展開されてる有休消化にも反映されている。
私の ちゃんと は、その自分が出ていて 押せばなんとかなるくらいの印象を与えていたのかもしれない。
その自分が 彼たちに愛されようとしたし、
例の女の人に対して その人は大切にされてると嫉妬していた。
すべて そこから始まっていた。

憎い憎いと泣いている。
鬼や呪いの正体。

感じてゆくと狂ってしまいそうな。
だけど 狂うくらい一緒にいようと思った。
大切に扱われないと信じている自分をそのまま
大切にする。
一緒にいて 寄り添っていく。
スポンサーサイト



かよいあうもの

春立つときに 信頼について

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿