FC2ブログ

恐怖だったり価値だったり

IMG_20200304_000815.jpg
黄色を足します


何のための転職だったのかを 再度見直している。

昨日 母と話して出てきたモヤモヤが今日のシェア会ではっきりしてきた。
師からの連絡はとても納得できるものだったが、古い自分が捉えた感覚を逃してしまっていた。

その仕事そのものに のめり込む位でないと収入としては難しいのではないかということ。
中心としてやりたいことは別で巷のセラピーについて学びたい位では きっと収入として成り立たない可能性がある。

シェア会で強い反応が出た。
できないということ 無力 そういったもの。
できないと言われていると感じて(親は実際そうだったかもしれないけれど)
怒りやら攻撃性が出るのが今までのパターン。
だけどそれを受け入れて実際に親の勧める通りにしてしまったりして
最初からあきらめてしまっている行動になっている。


家に帰って出ているものを見てみると
恐怖も出ていて、色々なものが 色々な方向から 絡み合っていた。

恐怖から 安易な甘い言葉にのっかる自分だったり、
お金がほしい!と思ってる自分だったり。
それなのに やりたいことで選んでるから大丈夫と
根拠のない 大丈夫という言葉によって恐怖を見ないようにしていたり。

できないということに 価値がないと思っていて、ちゃんと収入もあり やりたいことができる職が見つかって華々しく転職して華々しくその仕事をしているということに価値がある と考えている自分もいた。
そこに価値を見いだそうとしていたし、私は無意識に私の周りの人たちに それを求めていたと気づいた。
(特に彼たち)

ギターのことを思い出す。
昔 ギターができなくて 今は弾かないでと降りた時があった。
その時、私はギターに自分の価値をくっつけていると自覚し、次の演奏会ではギターを弾かずに何もない私がそこに在るということを感じたいと申し出たことがあった。
師はそれを理解してくれ、ちょっと弾きそうになる私を「今は何もない自分を感じるときだから」と制したのを覚えている。何もない自分で過ごしたその演奏会で、私は私として たくさんのことを感じていた。
そこからの流れとして私はタンバリンをやったりするのだけれど、その流れの中で 在るということを理解していったなと思う。
そうしてる内に ギターに自然に戻っていって今弾いている。

最近 Sの方がギター上手いんじゃないか💦と焦る自分もいるけど(自分を上にみてるのか…傲慢な私😅)
それでも 何もない自分を感じる経験があり 支えになってると思う。
「やさしいあのこ」のギターがSになったら めちゃ悔しがると思うけど(笑)
でも それを進めているのは凄いと思ったし、だけど今の私の現状をも否定しない。

転職についても そういう部分は大切なのではないかって思った。
やりたいことが仕事になるのが価値があるのではないんだ。
やりたいことが仕事にならないのが価値がないのではないんだ。
やりたいことが仕事になる というのと 自分の価値 がくっついていた。
何もない自分が そこに在る。それを認めたときに
きっとやりたいことが光るのかもしれない。


恐怖から求人に応募していたことを認める。
やりたいことが仕事になるのが価値があると思っていたことを認める。
だけど 私が目指してるのは それではない。
本当にほしいもの 波動があがるもの
それに対してイマジネーションを最大に働かせる。

明日明後日と、母と京都へ行く。
やりたいことが仕事になっていかない自分。
立ち止まって そのまま 何もない自分を感じる時にしてみようと思う。
スポンサーサイト



何もない とは。

私って そうよね

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿