FC2ブログ

望んでいること。

IMG_20200312_011628.jpg
完成✨
今日、実家に行って父と母にあげました。父は「戦争中みたいな感じがして嫌だ。使わない」って言ってた。父は 私と同じように(私よりもなのかな?)色々と感じたり時々見えたりする人で、敏感な人。さすがだなぁと思う。まぁ、マスクの形が父の中の何かを呼び起こしたのかも知れないけれど。だけど 私が手縫いで縫ったってことがわかると「本当にもしもの時に」と カバンの中に入れていた。そういうとこ かわいくてすき😆
母は喜んでくれた😌



面接に行ったり 保険のことで市役所に行ったりした。
だけど なにひとつ動かない。
このまま 15日(退職日)を過ぎる感じだ。

親に 辞めたことを話した後 初めて実家に行った。
行きたくない気持ちや、古い自分が出てきた。
否定されるのではと 先に攻撃的になる自分とか。
できる限りみて受け入れて 行った。
穏やかに 食事をして会話をして。
レメディーのことや マスクのことを少し話した。

帰ってくるかと母に言われた。
まだだと感じる。
その時が来たら 全て手放して帰る覚悟はある。
ギターさえ手放しても。
それは 反映であり、私の中にあるものさえ 見失わなければ
どんな形であれ その反映となるものは現れると信じている。
だけど、その感覚は
親がギターを受け入れられないから手放さなければならないって思っている自分が
うまくいい感じの話にしようとしてる可能性もある。(その可能性の方が高いかな)
注意深くみていく。
古い自分が怖れていたことは 起きなかった。

ただ、色々動かない今は
まだ動かない。


追い詰められて もう死にたい って言う自分が出てきている。
この自分は 本当に追い詰められると出てくる。
彼たちの時も よく出てきた。
その時は みて受け入れようとしながらも どこかまだ押し込めてやり過ごしていたように思う。
今は そうだよねって思う。やっと寄り添える。そのことが嬉しい。
その自分を抱きしめる。
死にたい死にたいと言っている自分を抱きしめる。

そうしていると 言葉が変わってくる。
助けてほしいって言う。
自分を抱きしめながら聞いていく。
変わりたい。と強く言っている。
人のウラなんかわからず ただ優しくて思いやりであって
純粋に 人を大切に思っている。そんな自分で生きていきたい。
そんな自分が生きていける世界に行きたい。

強く強く望んだ。
スポンサーサイト



私にできること。

やれることを 着実に。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿