FC2ブログ

補い合って。

IMG_20200522_235134.jpg
布を整えて縫っていきます。


罪悪感 無価値感。
ずっと寄り添って仕事をして。
レジをしていて ふと この流れるような中で
ひとを好きだという感覚ってどんな感じだろう と思った。
人間というものが好きだという感覚。

レジのフォローをしてくれる。
私の目を見て話してくれる。
無価値感があっても 大丈夫だ と思った。
罪悪感は私の中の物語。


だけど テンションを上げることもできなくて
落ちぎみ。
変な笑顔や変な元気さではなくて
地に足つけた自分でいいのかもしれない。



仕事後の母との時間が愛しい。
母がかわいい。
甥っ子が レシートを持って「おかいもの」と遊んでたことを話してくれた。
甥っ子もだけど その話をする母も愛しい。話してる時に聞こえてくる父の寝息に愛を送る。

昨日の話の続き。
甥っ子が 自分のお母さんが帰ってきて さみしかったギャー!ってなったとき
甥っ子のお母さん(つまり弟のお嫁さん)は 甥っ子が落ち着くまで ぎゅうぅっ と
甥っ子を抱き締めて声をかけてる。
スポンサーサイト



私を愛し始めた。

今日の夕食はタケノコご飯おにぎりと漬物とお味噌汁。

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿