FC2ブログ

悲しみを理解する。

DSC_0152.jpg
間違えてる。小さい輪を繋げるところにひとつ目が多い輪が繋がっています

DSC_0156.jpg
直したあと。同じモチーフの連続だから切ってしまえば直したと言い切ることもできるけど、そういうことはしたくないのでちゃんと直しました。シャトル(タティングレースを編むためのプラスチックの器具)と糸レースが繋がっているのが証拠です。

DSC_0158.jpg
昨日アップしたのより長くなってるはずだけど、ちょっと進みが少ないかなぁ…

今日は銭湯に行って岩盤浴してきました。
カラオケにも行って、天城越えを歌ったり。

悲しみや苦しみの経験が人を深くするのかな。
それを理解して自分の一部として一緒にいる在り方でないと、自分が浮いているような何かに焦っているような感じになってしまう。
今回のレースの間違いも焦ったからでした。
写真のストックがなくて、しかも同じモチーフの連続だからルールで決めた3モチーフくらい編んだとしても進んだように見えない。もっと編まなければと焦りました。

悲しみや苦しみを丁寧に理解する。
相手を丁寧に理解しようとする。
レースを丁寧に編む。

どれも同じ心持ちだなと感じています。

がさつだったんだなぁ
悲しみや苦しみは冷えている。
その冷えが人に冷たく当たる瞬間を生む。
岩盤浴でじっくりと暖まるうちにそう感じました。
冷えていること、暖まるうちに冷えの原因のそういう自分が出てきていること。消すのではなく理解してゆくこと。そうやってじっくりと暖かく包むこと。

苦しみや悲しみやそれで起きた事柄やそういう自分が誰かを理解してゆくことにつながるといい。
スポンサーサイト



深く

やってみる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿