FC2ブログ

自分の責任。

DSC_0467.jpg
あむ

私の望むものを私に与える。そのために動く。
これは今までにない自立を起こしている。ような気がする。
認めたくないのは、今まで自分が辛く苦しかったのは自分でそこに留まっていたからだということ。何かをしないだけでは足りないのだ。しなかったから…ということもあるんだ。

与えられることで愛を感じようとしなくても、そこにあるなら。


私が望むもののための、お金に対するアプローチは一段落したので(今は時を待ち、時が来たらまた動けばよいので)、今度の休みに名古屋に出てギターと屋久杉を見に行こうと思います。
スポンサーサイト



細かく丁寧な理解

根源的な分離の痛みと罪と罰

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿