FC2ブログ

思い違い。

DSC_0483.jpg
編む

昨日の楽しい日からの今日仕事。
私はすごい思い違いをしていたと気づきました。
自分を変えようとしてたけど、
私が思っていた自分が変わるというのは、嫌いなものが好きになったり、やりたくないことが進んでやれる自分になったり、嫌だなと思わなくなって人に対してうんざりしなくなったり することだと思ってた。
正しく思いやりがあり優しく批判しない美しいもの。

昨日から今日を経て
それは違うなと。
嫌なことをちゃんと認めること。その事柄を否定するのではなく、私はそれを求めていないと自覚すること。そして自分が求めている所に自分を置いてあげること。
それが、自分に許すということなのかなと。

嫌なことが嫌じゃなくなることだと思ってた。
嫌だというのはエネルギーが凍結して死んでいるように感じること。それらの現実。
嫌だという思いを否定していた。それは思いやりがないことだと思ってた。それでもやるのが愛だと思っていたし、優しさだと思っていた。
そこを否定するから私は歪んでいくのだな。
それを私は母にみて、そんなことしないでと言っていたんだ。
私に言っていたんだな。

私が嫌だと感じること、エネルギーが凍結して死んでいくように感じること、それらから離れることも自分に許す。
それは私にギターのよろこびを許すことと同じくらい大切なことだな。
スポンサーサイト



寄り添う

屋久杉と ひとりギターツアー

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿