FC2ブログ

ちゃんと聴く。

DSC_0486.jpg
9こめ

昨日からの怒りを引きずっていて、なにかなぁとみていくと
「私をみてくれない」と言っている自分を発見。
重く暗いそのエネルギーの固まりに口をつけてやり、言いたいことを言わせようとした。
待って待って話始めたときに、こういうことだと筋道を描いてしまう自分に気づいた。
ちゃんと聞いてなかったんだな。
シェア会でも仲間に同じことをしてしまっていた。
誘導しようとしたつもりはないけれど、ちゃんと理解しようとするのではなくて、自分のストーリーを当てはめようとして実際に誘導しているような形になってしまう。

気づいてから、その思考のような自分を止めて口をつけたそれの声を聴く。
そのエネルギーは少しずつ様子が変わっていった。


それから私は出掛けて、ギターのために売ろうと考えていたものを査定価格で売ってきました。
試しに売れたものが1万くらいだったので査定価格で売っても何ら問題がなくなったから。
もっと高く売りたいなとフリマに出品してみて、そうやってほしいものを受け取らないようにしてるのかもしれないとか確認しながら様子を見ていましたがここはやはり進んでみようと。

それらのお金は少しずつ色をつけて私のところに来ました。

ということで、お金は用意できたのでギターショップにも問い合わせしてみました。
ちょうこわい。

売ったものはそれぞれ、私が苦しいときにすがったものたち。
それが私を救ってくれると買ったものたち。
それらが元になって、新しい私のエネルギーがわくわくするものを私のもとに引き寄せる。

象徴的だな。

弱い私を受け入れる。
私がいいこだからでも何かができるからでも人より優れてるからでもなく
弱くて惨めで何も持ってない何者でもない私に、よろこびを許す。

ドキドキする。
スポンサーサイト



根っこ。

寄り添う

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿