FC2ブログ

「できない」と「なにもない」

IMG_20171223_180401.jpg
あむ

初歩の失敗を認めてから、今までの失敗が走馬灯のように蘇ってきて私は何で忘れていたのだろうと不思議でした。できる女幻想の私が奥深くに隠したのかなと思ったり。
その走馬灯を眺めていると、できる女はこんなことしないと思って、等身の私か昨日より少し見えてきたのかもしれないと思いました。

というのは前ふりで。
「私はできない」ということをとても強く否定していたのはわかるけれど、師が言ったのは「私にはなにもない」。
できない と なにもない とは若干違う。

「なにもない」ことを否定して「できる」ことによって外のなにかを得ようとしていたのだろうか。
そもそも「私はなにもない」とはどういうことなのだろう。
検証中です。

…この感じができる女的なのか?
スポンサーサイト



バリアフリー化に向けて

初歩の初歩さえ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿